少しでも税金を安くするために

>

自宅の経費を会社の経費にしよう

家事按分のことを理解する

自宅を、会社として使っている人は家事按分をしてください。
家賃や光熱費などの費用は、家事按分をすると会社の経費に含めることができます。
自宅の出費を減らして税金も減らせるので、非常にお得な方法です。
ですが、経費にできるのは仕事で使っている部分だけです。
寝室など仕事に全く使っていない部屋の電気代などを、会社の経費にすることはできません。

どこの部分が経費に含まれるのか、しっかり調べてください。
按分する方法が決まっているので、それを理解して計算してください。
自分で計算することを面倒に感じるかもしれませんが、計算を怠ったことが原因で高額な税金を納めなければいけなくなります。
もったいないので、必ず計算してください。

按分できるものの種類を知ろう

電気代や家賃だけが、家事按分の対象になるわけではありません。
車を使う仕事の場合はガソリン代も按分に含まれます。
さらにパソコンを使って仕事を進めることが多いでしょうが、インターネットの料金も家事按分になります。
電話代も含まれるので、意外と対象になるものは多いです。
自分では対象にならないと思っていたものが、対象になるかもしれません。

詳しく調べることで、より税金を削減できます。
お得に使えるよう、家事按分に関して調べてください。
税理士に聞くと、何が家事按分に含まれるのか教えてくれます。
青色申告の書き方も教えてくれるので、初めて書く時にたくさん質問すると良いでしょう。
1回聞いておくと、これからスムーズに記入できます。