少しでも税金を安くするために

>

青色申告の特徴を調べよう

無条件に受けられる控除がある

青色申告を使えば、基本的に誰でも受けられる控除があります。
それが、特別控除と呼ばれています。
特別控除を利用することで、65万円を所得から差し引くことができます。
ですが、65万円の特別控除を受けるためには条件があります。
必ず翌年の3月15日まで、青色申告を提出してください。

それまで提出した人だけが、65万円の控除を適応できる決まりになっています。
ちなみに3月15日を過ぎても、10万円の特別控除を適応することができます。
どうしても間に合わなくて過ぎてしまっても、全く控除を受けられないと諦めないでください。
特別控除があるのは、青色申告だけです。
白色申告には何も特別控除がないので、メリットが少なくなります。

赤字を3年間繰り越せる

事業は、いつも順調に進むとは限りません。
失敗して、赤字になってしまうことがあります。
ただでさえお金が少ないのに、所得税としてたくさんのお金を納めると負担が大きくなってしまいます。
しかし青色申告を使っていれば、赤字を3年間繰り越せる決まりになっています。
翌年以降に黒字が発生すれば、赤字をなくせます。

例えば今年200万円の赤字が出てしまったとします。
ですが慌てないで、来年の経営を頑張ってください。
翌年に400万円の黒字が出た場合、400万円から去年の赤字である200万円を引いた金額だけが、所得税の対象になります。
節税に繋がるので、青色申告を使ってください。
そうすれば赤字になったとしても、冷静に対応できると思います。