青色申告と白色申告、節税対策になるのはどっち?

少しでも税金を安くするために

お得に申告するなら青色申告

所得税を自分で申告して、どのくらいの税金を納めれば良いのかチェックしなければいけません。
税金を安くするためには
青色申告を使って所得税の申告をするのがおすすめです。
青色申告には、たくさん記入する欄があります。
で書くのは面倒に感じるかもしれませんが、控除されるパターンが多いです。
条件に当てはまっていれば税金が控除されるので、所得税を減らすことに繋がります。
どのような条件に当てはまっていれば良いのか、前もって調べてください。

白色申告の方が、記入する欄が少ないです。
時間がない人は、簡単に掛ける白色申告をいつも使っているかもしれませんね。
ですがそちらでは、節税に繋げるのが難しくなります。
所得税を減らすことを優先しているなら、時間が掛かっても青色申告を選択してください。
青色申告は、65万円を差し引けるメリットがあります。
きちんと帳簿を付けることで、そのようなメリットが生まれます。
また事業で失敗した際は、赤字を3年間だけなら繰り越せる決まりになっています。
無駄な出費を減らせるので、青色申告を使ってください。

また、いろんな部分で使ったお金を経費として扱えます。
経費にすれば、出費を削減できます。
時間がない時に焦って青色申告を書くと、計算を間違えてしまいます。
様々なメリットがある青色申告でも、計算を間違えていると節税の効果を得られません。
ゆっくり計算しながら、正しい答えを記入してください。
それが節税に効果を発揮します。